【ハス】減反で観賞用栽培20年 若松の農家、ピンクの花見ごろ

 
大輪の花を咲かせるハスと弓田さん

 会津若松市高野町中前田の農家弓田隆雄さん(87)が田んぼで観賞用に栽培しているピンクのハスが見ごろを迎えている。今月中旬ごろまで楽しめる。

 弓田さんは2001(平成13)年、減反をきっかけに約5アールの田んぼを再利用して「誠蓮(まことはす)」の栽培を始めた。

 07年には休憩所としてあずまや「蓮観庵(はすみあん)」を設け、訪れた人が感想を書けるノートを備えた。ノートには「とてもきれいです」「来年も見に来ます」などのメッセージが記され、弓田さんは応援を励みに約20年間大切に育ててきたという。