【モモ】『春景色』...ハウス内はモモの花満開 伊達で人工授粉作業に汗

 
春の雰囲気に包まれたビニールハウス内で進むモモの授粉作業=21日午後、伊達市梁川町

 伊達市梁川町の果樹農家加藤和雄さん(71)方で、モモの花がビニールハウスいっぱいに咲き誇っている。ハウスでは先週から咲き始めた「あかつき」「はつひめ」などが満開となり、加藤さんと妻みつ子さん(69)が人工授粉作業に汗を流している。

 加藤さんは開花して2、3日の白っぽい花に花粉を付けながら「無事に実り、手にした人が一足早いモモの季節を感じてほしい」と笑顔で話している。

 ハウス栽培のモモは、露地物より1カ月半ほど早い5月中旬ごろから収穫が始まる。