福島県産酒PRの新動画 「NASAKE」の続編、ネットで配信

 
県が配信している県産酒の新作動画

 福島県は、県産酒の魅力を国内外に発信する動画「NASAKE2~Brewers」を新たに制作した。酒造りに挑む本県出身の女性を主人公とした物語で、動画投稿サイト「ユーチューブ」などで配信している。

 新作動画は、昨年9月に公開された「NASAKE」に続くショートフィルムの第2弾。前作で米国に滞在していた主人公のレイコは県産酒に触れ、蔵元を継ぐ決意を胸に帰郷した。

 新作動画は酒造りでの失敗の連続や、杜氏(とうじ)から掛けられた言葉をきっかけに福島の酒造りに込められた「情け」を知る場面が描かれている。動画は約5分で、英語字幕が表示される。有名ブランドのCMも手掛けるいわき市出身の広告ディレクター高根沢史生さんが制作を担った。

 新作動画はユーチューブの再生回数が14日時点で21万回を超え、第1弾も250万回に迫る。

 いずれもユーチューブで「NASAKE」などと検索するか、ウェブサイトで閲覧できる。