日本酒ラベルにイチョウの木 喜多方・小原酒造、12月下旬まで

 
イチョウの木や花をラベルに使用した小原酒造の日本酒

 喜多方市の小原酒造は1日、同市の新宮熊野神社の境内にあるイチョウの木をラベルにした日本酒を発売した。12月下旬まで。

 喜多方の日本酒と花を楽しんでほしいと開発した。イチョウの木のラベルは「喜多方花でおもてなし」シリーズの6作目。価格は長床イチョウラベル スリム300特別純米酒(300ミリリットル入り)が1078円、長床イチョウラベル 純米吟醸原酒(720ミリリットル入り)が1485円、長床イチョウラベル WITH CUP(180ミリリットル入り)が612円。

 問い合わせは同酒造(電話0241・22・0074)へ。