マルトが減塩イベント、高血圧リスク紹介 特製弁当も販売

 
マルトが販売を始めた減塩に配慮した3種類の弁当

 いわき市のマルトは17日、同市の平尼子店で減塩に焦点を当てたイベントを開いた。来店者は塩味感度のチェックやみそ汁の飲み比べなどを体験し、食を通じた健康増進へ理解を深めた。

 5月17日の世界高血圧デーに合わせて「ふれ愛セミナー~今日からあなたも減塩チャレンジ!」と題して初めて企画した。食生活や健康状態を振り返ってもらおうと、食塩3グラムを量るイベントや血流測定コーナーなどを設けた。塩味感度チェックでは、来店者が3種類の試験紙で塩味を感じるかどうかなどを確かめていた。

 イベントには、薬局などでの実務実習を控える医療創生大薬学部の学生5人も協力。高血圧がもたらすリスクなどを紹介した。

 また、同社はこの日から25店舗で減塩に配慮した3種類の弁当の販売も始めた。担当者は「マルトの弁当を食べて『減塩に成功した』という市民を増やしていきたい」とした。販売は6月16日まで。商品次の通り。

 豚バラのみぞれ炒め弁当(486円)500キロカロリー以下で食べる煮魚弁当(430円)天つゆで食べる!ごま油香るビビンバうどん(378円)