活動の幅さらに広げる 福島民友愛の事業団、10団体を助成・奨励賞

 
民友愛の事業団から助成などを受けた団体の代表者

 福島民友愛の事業団は30日、福島市の福島民友新聞社で本年度の助成金・奨励賞の贈呈式を行い、心身障害児者を支援する5団体と福祉活動奨励賞の受賞5団体の計10団体をたたえた。

 中川俊哉理事長(福島民友新聞社社長)が各団体の代表に助成金などを手渡し「世界の分断や孤立化が指摘されているが、支え合いがますます必要になっている時代だ。皆さんと一緒に困難を越え、共に生きる社会づくりを目指したい」とあいさつした。

 助成団体を代表し、放課後等デイサービスむすび天神教室(福島市)の児童発達支援管理責任者・管理者の高木恭子さんが「助成金は子どもの体験活動に必要な用具に使わせてもらいたい。さらに活動の幅を広げたい」と謝辞を述べた。

 心身障害児者支援活動助成=NPO法人がんばろう会(平田村)NPO法人くるりんこ障がい福祉サービス事業所ステップボード(喜多方市)NPO法人夢あるき夢の樹(会津若松市)放課後等デイサービスむすび天神教室(福島市)NPO法人みんなのしあわせプロジェクト工房もくもく(相馬市)▽福祉活動奨励賞=ボランティアサークルチャチャチャ♪、福島市おもちゃクリニック(福島市)視覚障害者とコンピュータ勉強会「あい&あい」、あいづ小さな風の会(会津若松市)ぼんじょいの会(郡山市)