助成先5団体を決定 福島民友愛の事業団審査会

 
活動内容などを踏まえて議論した審査会

 福島民友愛の事業団は19日、福島市の福島民友新聞社で社会福祉推進事業助成の審査会を開き、本年度の助成先5団体を決めた。各20万円の計100万円を助成する。贈呈式は3月15日、福島民友新聞社で行われる。

 県内で社会福祉活動を展開する団体から応募があり、理事長の中川俊哉福島民友新聞社社長と理事の初沢敏生福島大人間発達文化学類教授、評議員の熊川恵子県社会福祉協議会事務局長が活動内容などを踏まえて審査した。

 助成団体

 NPO法人NEXTしらかわ(白河市)佐川商店 福笑門―FUKUEMON(郡山市)NPO法人つなぐ舎(会津若松市)のんびりキッチン(鏡石町)地域のコミュニティ"場所づくり""巣づくり"子どもカフェたまご(福島市)