福島県内100歳以上は最多「1219人」 最高齢・いわきの109歳

 

 福島県は12日、県内の100歳以上の高齢者(1日現在)が昨年より111人増え、過去最多の1219人になったと発表した。前年比増は24年連続。医療技術の進歩や食環境の向上などが背景にあるとみられ、県は今後も増加傾向は続くとみて介護予防の取り組みなどを推進する。

 県内の100歳以上の高齢者は、記録が残る1970(昭和45)年は5人だったが、96年に初めて100人を超えて以降、毎年過去最高を更新。最高齢者は1910(明治43)年4月生まれで109歳の女性(いわき市)。2番目は同じく109歳の田村市の女性で、誕生日が早い女性が最高齢となった。男性は11年9月生まれで108歳(福島市)が最高齢。

 100歳以上の高齢者は男性157人、女性1062人で、女性が約87%を占めた。年齢別は100歳が489人で全体の約40%を占め、101歳が314人、102歳が176人と続いた。

 市町村別ではいわき市が200人でトップ。郡山市152人、福島市128人で町村では南会津町の30人が最も多かった。