働き盛り対象に講座 西会津町が「健康経営」応援、教室開講

 
働き盛り健康うんどう教室の開講に臨んだ参加者たち

 西会津町は15日、町内事業所の「健康経営」を応援するため、各社の従業員を対象とした「働き盛り健康うんどう教室」を開講した。

 初回教室には10事業所から20人が参加。同町の田崎美記子保健師長が生活習慣病について解説。ゼネラルフィットネスクラブのインストラクターの指導で、椅子やヨガマットを活用したストレッチ、筋トレなどに取り組んだ。

 教室は12月までの7回、勤務時間などを考慮して午後6時30分から開催。運動実技などが行われ、働き盛り世代の健康意識の高揚と運動習慣の定着を図る。

 町は町内事業所から「従業員の運動機会が少ない」の声を受け、地域・職域連携推進事業として働き盛り世代の健康づくりを推進している。