「運動習慣づけを」 教室開設20年記念、美里で高齢者交流会

 

 運動習慣の定着と健康増進を目指す「うんどう指導員と高齢者の交流会」は16日、会津美里町のじげんホールで開かれた。参加者が健康寿命の延伸に向けて気持ちを新たにした。同町すこやかクラブの主催、町の後援。

 交流会は、2000(平成12)年に「うんどう教室」が開設されてから今年で20周年を迎えた記念事業として開かれた。記念式典が行われ、岩渕信之同クラブ会長があいさつ。渡部英敏町長、谷沢久孝町議会議長が祝辞を述べた。

 式典後、体力つくり指導協会主任研究員の西城真人さんが「ぜんぜん頑張らないうんどう」と題して講演した。西城さんは寝たきり予防などに役立つ運動を実演しながら「5年後も今のままの健康を維持していきましょう」と呼び掛けた。