福島市がワクチン接種のクーポン券発送 一般高齢者8万5000人

 

 福島市は23日、5月から始まる新型コロナウイルスワクチン接種の一般高齢者向けクーポン券を発送した。対象の約8万5000人に28日ごろまでに届く。木幡浩市長は22日の定例記者会見で「供給量が拡大し一般高齢者分は十分に確保できる見通し。予約時はどうか焦らないでほしい」と呼び掛けた。

 市は5月10日午前9時から接種予約の受け付けを始める。同17日から「集団接種」(NCVふくしまアリーナと県保健衛生協会で実施)と協力医療機関での「個別接種」を始める。このうち個別接種では、最初の1週間は実施医療機関を限定し、供給量が拡大・安定する同24日から本格化させる。

 予約方法は「市新型コロナワクチン予約サイト」から24時間受け付け可能のオンライン予約と、最大20回線の市新型コロナワクチン予約・相談センター(電話024・573・1181、平日午前9時~午後7時)を通した電話予約の2通りがある。予約対象期間は8月末まで。

 全国的に予約受け付けは混み合う状況にある。そこで市は予約開始後の5月10、11日は80歳以上を優先し、80歳未満は同12日からの予約を呼び掛ける。

 市はすでに今月19日から、高齢者施設の入所者と従事者の優先接種を行っている。

一般高齢者向けワクチン接種日程

  23日 一般高齢者に接種クーポン券を発送

5月10日 接種予約受け付け開始(10、11日は80歳以上優先)

  12日 80歳未満を含めた通常の接種予約受け付け開始

  17日 集団接種と個別接種開始

  24日 個別接種の本格化(実施医療機関を拡大)