アストラ製接種30日も 福島県、25日の予約上限超受け

 

 県は、25日に予定している新型コロナウイルスワクチンのアストラゼネカ製接種について、予約上限の100人を超えたため、予備日の30日も接種を行う。2日、発表した。

 受け付けを開始した1日時点で130人程度の予約があり、2日も申し込みが続いた。県は予約受け付け時点で、希望者に予備日の接種が可能かどうかも聞き取っており、今後接種日を割り振る。30日は100人以上が接種できるよう調整する。県と福島市は、同市のNCVふくしまアリーナに接種センターを設置する。接種対象はファイザー製、モデルナ製にアレルギーがある18歳以上や海外でアストラ製の1回目接種を受けた人、40歳以上で希望する県民となっている。

 予約は県ホームページで受け付ける。問い合わせは専用ダイヤル(電話024・521・1156)へ。