いわき市 ワクチン「3回目」接種 医療従事者向け12月にも開始

 

 いわき市は新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、12月にも医療従事者を対象に始める。一般市民は1月中旬ごろに開始する見通し。25日開いた10月議会一般質問で市側が答えた。

 市は11月中旬までに、対象者である12歳以上の85%超について、2回目の接種を終える見通しを示している。接種者の情報は市のデータベースに個別に保管されており、2回目接種から8カ月程度とされる3回目接種の時期に合わせて、対象者に順次接種券を送付する方針。接種の対象者は国が検討を進めている。

 接種の進展に合わせて市は接種会場を二つに集約しているが、3回目の接種開始に合わせて個別接種会場の開設などの接種体制を検討していく。ワクチンは1、2回目の接種と同じ種類が使用され、心筋炎などの症状が出る割合が比較的高いとされる10~20代男性はファイザー製、モデルナ製の選択が可能となる見通しだという。