南相馬市、12月にも3回目接種開始 医療従事者対象に

 

 南相馬市は新型コロナウイルスワクチン3回目接種について、12月にも医療従事者を対象に始める方針を固めた。4日、門馬和夫市長が記者会見で明らかにした。

 市によると、1、2回目接種同様、日時指定方式で行う。2回目接種から8カ月以降を目安とし、来年1月から介護施設入所者と施設従事者、2月上旬から65歳以上の高齢者、3月中旬ごろから60~64歳や基礎疾患がある人など、3月下旬から59歳以下の順で行う予定としている。