いわき市3回目接種開始 医療従事者対象に、一般は1月16日から

 
いわき市で始まった3回目のワクチン接種

 いわき市で8日に医療従事者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が始まり、感染の第6波に備えた動きが本格化した。同日はときわ会グループが常磐病院で行い、職員約30人がファイザー社製のワクチンを打った。

 同グループでは一般市民の3回目接種までの期間に、系列各医療機関の医師や看護師ら約1400人の接種を予定している。

 接種を受けた理学療法士の鈴木文雄さん(37)は「安心感はあるが引き続き感染対策は必要。身をもって3回目を打つことに対する安心感を伝えていきたい」と話した。

 同病院の新村浩明院長(53)は「市民への接種開始へ向けて万全な状態を整えたい」と意気込みを述べた。

 市は一般市民の接種を来年1月16日から行う。