濃厚接触者の待機期間短縮 福島県、10日間から7日間に

 

 福島県は29日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の自宅待機期間について、10日間から7日間に短縮すると発表した。ただ待機の解除後も陽性者との接触から10日が経過するまでは、健康状態の確認や感染リスクの高い場所への移動、会食などを控えるよう求める。

 政府が濃厚接触者の待機期間を短縮したことを受けた対応。社会機能の維持に必要な「エッセンシャルワーカー」については、検査で陰性が確認された場合、陽性者と接触した日から5日目での解除を可能とする。

 濃厚接触者の判断はこれまで保健所が担ってきたが、県は迅速な特定などにつなげるため、現在は個人や事業所に委ねている。濃厚接触者となった人には、自宅待機のほか自主的な健康観察を求めている。

 県によると、濃厚接触者は、不織布マスクを着けずに陽性者と1メートル以内の距離で15分以上会話した人が該当する。県はホームページに濃厚接触者の判断の仕方について掲載している。