いわきFC、のぼり旗で応援 JFL昇格へ機運高める

 
JRいわき駅の南北自由通路に並ぶいわきFCの応援のぼり旗

 スポーツを通じた地域活性化などを目指す民間主導の支援組織「スポーツによる人・まちづくり推進協議会」は、日本フットボールリーグ(JFL)昇格に挑んでいるサッカーのいわきFCの応援のぼり旗を製作し、3日までに加盟団体に配布した。

 東北社会人1部リーグで優勝を確実にし、JFL昇格が懸かる初の全国地域チャンピオンズリーグ(CL)挑戦を前に、応援の機運を高めようと300枚を作った。

 のぼり旗はチームカラーに「IWAKIFC」の文字とチームエンブレムが刻まれている。

 加盟70団体に配布したほか、JRいわき、四ツ倉、内郷、湯本、泉、植田、勿来の各駅周辺にも掲揚される。いわきFCオフィシャルパートナーの福島民友新聞社が2018年に製作し、同協議会発足を記念して寄贈した応援のぼり旗もあり、市街地を中心にいわきFC応援の雰囲気が高まっている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席