いわきFC決勝逃す 京都に完封負け、全社サッカー準決勝

 
【いわき―京都】京都との準決勝に敗れ、肩を落とすいわきの選手たち=15日、鹿児島県霧島市・国分運動公園多目的グラウンド

 サッカーの第55回全国社会人選手権(全社)は15日、鹿児島県霧島市の国分運動公園多目的グラウンドで準決勝2試合が行われ、東北代表のいわきFC(東北社会人リーグ1部)はおこしやす京都AC(関西リーグ1部)に0―2で敗れ、初の決勝進出を逃した。

 いわきは16日、同公園陸上競技場で横浜猛蹴(たける)FC(神奈川、関東リーグ1部)との3位決定戦に臨む。

 いわきは京都の堅守と速攻に対応できず、完封負けした。

 いわきは前半18分と同20分、DF陣の対応ミスなどで相手FWの突破を許し立て続けに失点した。攻めては、前半から前線の選手交代を積極的に行うなどして好機を探ったが、京都の人数を掛けた守備に阻まれ決定機をつくれなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席