【コラム】WALK TO THE DREAM-45 地域CL、8日開幕

 

いわきスポーツクラブ 大倉智社長

◆聖地でJFL昇格狙う 

 日本フットボールリーグ(JFL)への昇格が懸かる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)が11月8日に始まる。秋田県などで行われる1次ラウンドを勝ち上がり、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)で行われる決勝ラウンドで2位までに入ればJFLに昇格する。東北社会人サッカーリーグ1部で優勝し、ようやくこのステージに立つことができる。

 2017年までは、各県リーグ2部以下のチームにも、全国社会人サッカー選手権大会(全社)で上位に入ると飛び級で地域CLに出場できる仕組みがあった。ただ、個人的にはこの仕組みに違和感を持っていた。

 「いわき市を東北一の都市にする」ことを目標に掲げている以上、東北代表として地域CLの舞台に立つべきだと思っていた。将来、チームの歴史を振り返る時にも、ステップを重ねたことは正しい道筋だったと思えるはずだ。

 今月、鹿児島県で行われた全社では昨年に続いて3位となり、選手もいい経験を積み重ねている。シーズンを通してコンディションに波はあるが、若い選手は急に伸びることがあるし、新しいヒーローが生まれる可能性もある。それをうまく引き出し、地域CLも一丸で戦っていきたい。

 1次ラウンドでは、関東代表のVONDS市原FCや全社で優勝したFC TIAMO枚方など強豪と同組になった。なんとしてもこのラウンドを勝ち上がり、ホームである浜通りに戻ってくる。

 Jヴィレッジでの決勝ラウンドでは、ぜひスタンドをチームカラーである赤で染めてほしい。JFL昇格という結果を出し、サポーターも含めたみんなで歓喜の輪を作ることができれば、いわきFCが浜通りにいる意味を証明することができる。応援よろしくお願いいたします。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席