【スライド動画】福島県関係11件、グッドデザイン賞

 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 日本デザイン振興会は3日、本年度のグッドデザイン賞の受賞結果を発表した。

 1353件が受賞し、うち本県関係では11件が選ばれた。この中でグッドデザイン大賞など特別賞の候補となる「グッドデザイン・ベスト100」に、NPO法人福島住まい・まちづくりネットワーク(郡山市)などが取り組む、原発事故で避難指示が出た12市町村の復興情報などをまとめた地図集「福島アトラス」の制作活動が選ばれた。ふたば(富岡町)、日大工学部浦部智義研究室(郡山市)、はりゅうウッドスタジオ(南会津町)も携わった。

 本年度は国内外から4789件の応募があった。特別賞は31日に発表される。