熱走!3時間耐久レース エビスサーキット、オートバイ13チーム

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
二本松市のエビスサーキットで行われた耐久レース

 オートバイの「LOVE&PEACEオープン3時間耐久レース」は16日、二本松市のエビスサーキット東コース(全長約2千メートル)で行われ、13チームがスピードやチームワークを競った。

 エビスサーキットの主催、東北サファリパークの後援、福島民友新聞社などの協賛。500cc以下のF4T2クラスはライダー2人以上が一組で、車種などで周回数を減らしたりするハンディキャップレースで優勝を争った。

 90分耐久では、ライダー1人で走り続けるアイアンマンクラス、ライダー2人で1台のマシンを交代で走るオープンクラスで競い合った。