クマに倉庫の壁破られる 喜多方の寺院、柱に爪痕

 

 13日午後4時50分ごろ、喜多方市の寺院の家人から「倉庫にクマがひっかいたような傷がある」と喜多方署に通報があった。

 同署によると、境内の倉庫のトタン壁の一部が破られていた。同署はクマによる被害とみている。

 同署によると同日午後4時20分ごろ、寺の住職の家族が倉庫のトタン壁の一部がはがれていたのを発見。壁の柱にはクマの爪痕のような傷があり、近くにミツバチの巣もあった。

 被害に遭ったのは12日正午から13日午後4時20分ごろにかけてとみられる。住職を含む家族にけがはなかった。