郡山ふれあい科学館「夏企画」スタート お化け屋敷や上映など

 
サイエンスフェスティバルで工作を楽しむ子どもたち

 郡山市ふれあい科学館の夏企画「わくわくスペースパークの夏」は13日、同館宇宙劇場などで開幕した。ドーム映像の特別上映や、「恐怖」をテーマにした企画展など、夏らしいさまざまな企画が来場者を楽しませている。

 宇宙劇場では、世界中の海の生き物の生態を撮影した「オーシャン~青い海の仲間たち」を、迫力あるドーム映像で上映している。8月25日まで(7月16~19日を除く)。料金は一般400円、高校・大学生300円、小・中学生200円、幼児と65歳以上は100円。観覧者には海の生物のミニチュアをプレゼントする。

 展示ゾーン・多目的研修室では25日まで、恐怖を感じる仕組みを科学的に学びながら、実際にお化け屋敷で恐怖を体感する「恐怖の謎に迫る The ホラーハウス」を開催している。また、15日まで「サイエンスフェスティバル」も開いており、多彩な科学実験や工作を楽しめる。料金は一般400円、高校・大学生300円、小・中学生200円。幼児と65歳以上は無料。16日は休館。