スタンプラリー!ふくしま『三城』巡り開始 戊辰戦争の激戦地

 
スタンプラリーを観光客らに紹介したPRイベント

 戊辰戦争の激戦地となった小峰城(白河市)、鶴ケ城(会津若松市)、霞ケ城(二本松市)の三城を巡る「ふくしま三城巡りスタンプラリー」が13日、各城で始まった。同日は鶴ケ城でPRイベントが開かれ、関係者が観光客にスタンプラリーへの参加を呼び掛けた。

 スタンプラリーの期間は11月30日まで(前期が9月30日まで、後期は10月1日から)。各城にスタンプ台紙とスタンプを設置し、1城巡るごとにオリジナルクリアファイル1枚がもらえる。ファイルは先着限定で、各城前期と後期先着1000人ずつ。全て巡ると、数量限定のオリジナルトートバッグが贈られる。

 PRイベントでは、白河、会津若松、二本松3市の関係者がスタンプ台紙や各市の魅力を紹介するパンフレットなどを配った。