開通120年!磐西線・郡山-会津若松間 郡山は初の電気ともる

 
郡山駅1番線ホームで行われた「フルーティアふくしま」の見送り

 東北電力とJR東日本は15日、JR郡山駅で、郡山市に初めて電気の明かりがともるとともに、磐越西線・郡山―会津若松間が開通してから120年を迎えたことを記念するイベントを開いた。電気と鉄道の歴史を紹介し、生活に身近なライフラインを広くPRした。

 五十嵐浩郡山駅長と、一日駅長を務めた東北電力郡山営業所の真壁徹所長が、同駅から会津若松駅に向かう臨時列車「フルーティアふくしま1号」の見送りを行い、会場となった1番線ホームには多くの鉄道ファンが訪れた。

 駅1階のおみやげ館前では駅前の変遷などを振り返る歴史年表のパネルを展示。「発電自転車」の体験ブースも設け、人気を集めた。

 案内所前に「パネル」

 パネルは16日以降、同駅2階の観光案内所前に展示している。