土にかえる「骨つぼ」採用 いわき市営墓地、樹木墓標代わり埋葬

 
いわき市が合葬墓地で採用する生分解性プラスチックの骨つぼ

 いわき市は、樹木を墓標代わりにし、周囲に焼骨を埋葬する「樹木葬」を取り入れた市営墓地で、土にかえる生分解性プラスチック製の骨つぼを採用する。16日、清水敏男市長が市役所で記者会見し発表した。

 生分解性プラスチックは、10年以内に土と一体化する素材とされる。市によると、市民から「死後は自然にかえりたい」などとする要望が寄せられていた。市は市民の多様なニーズに応え、さらに環境にも優しいとして新たな骨つぼを採用する。

 同プラスチック製の骨つぼの製造には、同市の小松技術士事務所の小松道男所長の特許技術が採用されている。生分解性プラスチックを使用した骨つぼの採用は全国でも例がないという。

 樹木葬を導入するのは東田、南白土両墓園の2カ所で、ヒガンザクラなどを墓標とし、その周囲に納骨する「樹木葬」用の敷地を整えた。敷地内を一つの墓所に見立て、複数の骨つぼを埋葬する合葬式で、埋葬箇所の指定はできない。遺族はエリア内に立ち入ることはできず、用意された献花台から供養する。10月から埋葬を開始する予定。

 希望者は8月1日~9月17日に申込書を市に提出する。