第2原発廃炉...東電から連絡ない 内堀知事「決定スピード感を」

 

 東京電力が福島第2原発(楢葉町、富岡町)の全4基の廃炉を正式決定する見通しとなったことについて、内堀雅雄知事は22日の定例記者会見で「報道で拝見しているが、東電から現段階で連絡は受けていない。(引き続き)正式決定に向け、スピード感を持って検討を進めるよう求める」と述べた。

 東電の小早川智明社長は昨年6月、内堀知事に廃炉方針を表明。東電はその後、社内にプロジェクトチームを設けて経営への影響などを検討しており対応にめどが立ったとみられる。近く内堀知事に正式決定を打診し、今月末に予定する取締役会で決定される見込み。