珍しい「黄色いニホンアマガエル」 相馬で発見、話題に

 
黄色に見えるニホンアマガエル

 福島県相馬市の県農業総合センター浜地域研究所の畑に、黄色に見えるニホンアマガエルが現れ、話題となっている。

 同研究所の三田村敏正さんが小松菜の緑の中でひときわ目立つ小さなカエルを発見した。アクアマリンいなわしろカワセミ水族館に問い合わせると、ニホンアマガエルは黄、黒、虹色の色素を持ち環境によって体色を変化させることができるが、いくつかの色素が欠けているとみられる。

 非常に珍しい個体なので、同水族館に引き取られ、展示されることになった。金色にも見えるこのカエル、東京五輪まで1年余りで現れたことで、「縁起がいい?」。