ソフト『金』宣言!「東京五輪」開幕まで1年...福島で応援行事

 
東京五輪開幕まであと1年となり、内堀知事やソフトボール女子日本代表メンバーらが県内の野球少年や女子ソフトボール部員と機運を高めた=福島市・ホテル福島グリーンパレス

 2020年東京五輪の開幕1年前となった24日、県は福島市でカウントダウンイベントを繰り広げた。野球・ソフトボール競技が行われるあづま球場の近くには旧国立競技場の炬火(きょか)台を設置、火がともされて五輪ムードが高まった。イベントのパネル討論ではソフトボール女子日本代表の山田恵里主将が「たくさんの人が応援してくれる。金メダルを取ることが一番の恩返しになるので頑張っていく」と宣言した。

 パネル討論にはプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長やソフトボール女子日本代表の選手が参加した。

 両競技は追加種目として3大会ぶりに復活した。日本代表の目標は08年北京五輪以来2度目の金メダル獲得。北京でも代表選手だった山田主将は「自分でプレッシャーをつくってしまい、普段の力が出せないのが五輪。自分に打ち勝つことが重要」と話し、五輪を経験していない若手選手を引っ張る決意を示した。

 宇津木麗華監督は「日本が勝つ試合を見せたい。自信を持っていいチームをつくっていく」と活躍を約束した。

 一方、両競技は24年パリ五輪で再び実施種目から外れる。王会長は過去2大会で実施されなかった経過に触れ「(実施種目から)外れて初めて事の重大さが分かった。日本の強さや競技の楽しさを知ってもらえれば、競技人口も増えていく」と指摘。28年ロサンゼルス五輪を見据え「その時から継続できるように盛り上げたい」と意欲を語った。

 内堀雅雄知事は「チームワークで一つになる絆と、日本全体で応援する絆が合わさった時に世界一に届くと思う」とし、県民挙げての応援も重要と訴えた。

 ソフトボールは全競技のトップを切り開幕前の来年7月22、23両日に6試合、野球は同29日に1試合があづま球場で行われる。大会組織委は第1試合が日本戦となるよう調整している。