「RSウイルス」感染が2倍 福島県内、重症化...特に乳児は注意

 

 県は31日、県感染症発生動向調査週報(22~28日)で、県内50の小児科定点医療機関から報告されたRSウイルス感染症の患者数は128人となり、前週の2倍(64人増)に増えたと発表した。県は感染者が増加する可能性があるとして注意を呼び掛けている。

 中核市、各保健福祉事務所別の患者数は県北32人、相双25人、郡山市19人、福島市と県中が13人、いわき市12人、県南9人、会津5人。

 県によると、RSウイルス感染症には発熱やせきなどの症状があり、多くは軽症だが、重症化すると気管支炎や肺炎につながる。特に生後6カ月未満の乳児は注意が必要。主にせきやくしゃみなどで感染するため、県はせっけんによる手洗いやアルコール消毒、マスク着用などの対策を呼び掛けている。

 手足口病は65人減

 同週報では、県内50の小児科定点医療機関から報告された手足口病の患者数は988人で前週から65人減った。1定点当たりの患者数は19.76人で、依然として警報レベルの基準(1定点当たり5人)を大きく上回る。

 中核市、保健福祉事務所別の患者数は会津219人、いわき市193人、県中132人、福島市110人、相双95人、県北82人、郡山市80人、県南56人、南会津21人となっている。