電撃婚!小泉進次郎さん、滝川クリステルさん 福島県民も祝福

 
割り箸作りのこだわりなど、高橋社長(左)から説明を受ける小泉氏=2014年6月、いわき市

 7日に結婚を公表した自民党衆院議員の小泉進次郎氏(38)は東日本大震災後、復興支援のため何度も本県に足を運んでおり、フリーアナウンサーの滝川クリステルさん(41)は震災後に浪江町で保護されたラブラドルレトリバーを育てている。本県との縁がある2人の吉報に、関係者は喜びの声を上げた。

 小泉進次郎さん、復興支援へ頻繁に来県

 広野町のふたば未来学園中・高を支援する「ふたばの教育復興応援団」代表を務めるなど、本県の復興支援に強く関わっている小泉氏。金山町特産の天然炭酸水を「優しい味がして、ハイボールにするととてもよく合う」と好み、地方創生の観点から事あるごとにアピールしている。

 南相馬市で子どもたちの体験学習の場「南相馬ソーラー・アグリパーク」を運営している「あすびと福島」代表理事の半谷栄寿さん(66)は小泉氏が復興政務官時代から交流がある。半谷さんは「小泉氏は東北出身者のように東北の被災地に真剣に向き合っている。復興に取り組む人たちにとって、心からうれしくなるニュースだ」と語った。

 小泉氏が2014(平成26)年6月に視察に訪れた高級割り箸製造「磐城高箸」(いわき市)の社長高橋正行さん(45)は今年4月、小泉氏に廃校を活用して新工場を立ち上げたことを報告。「ぜひ2人で工場見学に来てほしい」と話した。

 福島民友の16年元日号トップを飾った「W小泉氏新春対談」で小泉進次郎氏と県産食品の魅力を語った東京農大名誉教授の小泉武夫さん(75)=小野町出身=は「全くビックリしたが本当にうれしい。福島を頻繁に訪れている進次郎さんには県民として喜びたいし、復興には国の支援が必要で、一層の活躍を期待したい」と喜んだ。

 滝川クリステルさん、浪江の保護犬育てる

 滝川さんは一般財団法人を設立し、犬猫の殺処分ゼロなど動物愛護活動に精力的に取り組んでいる。自身の会員制交流サイト(SNS)には、震災後に浪江町で保護され、引き取った愛犬「アリス」と過ごす日々を掲載している。

 浪江町で犬や猫の保護活動に取り組む赤間徹さん(56)は「浪江に取り残された犬を大事に飼っていることはとてもうれしい。小泉さんもずっと被災地に目を向けてくれているので、2人の結婚を祝福したい」と声を弾ませた。