危な~ぃ!迫りくる『大怪獣』 須賀川に迫力満点ジオラマなど

 
迫力満点のジオラマなどが並ぶ企画展

 県内各地で開催されている「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま」初の連動企画「ウルトラとくさつワールド」が8日、須賀川市民交流センター「tette(てって)」で始まった。来場者が迫力満点のジオラマなどを通して、特撮の魅力を体感している。25日まで。

 県と市、円谷プロダクションなどでつくる実行委の主催。ウルトラマンの生みの親で"特撮の神様"と称される故円谷英二監督生誕の地から、特撮文化を発信しようと開催。会場には、ウルトラヒーローや怪獣が並ぶジオラマをはじめ、高さ約6.6メートルの怪獣「ゴモラ」の頭部、特撮の仕組みを紹介する「特撮BOX」、円谷監督の生涯を紹介するパネルなど7コーナーが設けられ、自由に写真撮影を楽しめる。

 時間は午前10時~午後5時。入場料は500円(2歳以下無料)。20日は休館。