「帰省ラッシュ」本格化! 新幹線の停車駅は家族連れらで混雑

 
新幹線改札口で祖母との再会を喜ぶ帰省客=10日午後2時35分、JR福島駅

 お盆を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュが10日、県内で本格化した。東北新幹線の停車駅では、大きな荷物を持った家族連れらで混雑した。Uターンラッシュは東北新幹線上りが18日、高速道上り線が17日にピークを迎える見通し。

 JR東日本によると、東北新幹線はほぼ全ての下り列車で自由席の乗車率が100%を超えた。午前8時48分東京発盛岡行きのやまびこ43号は乗車率150%を記録した。JR福島駅を降り、福島市の祖母の出迎えを受けた東京都の女子生徒(15)は「福島は暑い。プールや四季の里に行きたい」と笑顔を見せた。

 日本道路交通情報センターによると、東北道下り線は安達太良サービスエリア(SA)周辺で渋滞が相次ぎ、午前10時20分ごろに最大26キロ、午前2時55分ごろには最大16キロにわたる渋滞が発生した。