「帰省ラッシュ」東北道24キロ渋滞 新幹線乗車率は軒並み100%

 

 お盆を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュは11日も続き、県内の高速道や東北新幹線は混雑した。日本道路交通情報センターによると、東北道下り線安達太良サービスエリア付近で午前10時20分ごろ、最長24キロの渋滞が発生した。

 またJR東日本によると、東北・山形新幹線下りは午後を中心に自由席の乗車率が軒並み100%となった。

 12日も混雑は続きそう。東日本高速道路(ネクスコ東日本)によると、東北道下り線福島トンネル付近で午後5時ごろ、最長15キロの渋滞が予想されている。

 Uターンは東北新幹線上りが18日、高速道上り線が17日にピークを迎える見通し。