あぶくま洞...『涼』満喫! 年間通じ15度、神秘的な世界も演出

 
天然の涼を楽しむ観光客でにぎわうあぶくま洞=11日、田村市

 県内で暑い日が続く中、田村市滝根町のあぶくま洞では11日、鍾乳洞内に広がる天然の涼を求め、県内外から観光客が足を運んだ。

 洞内の気温は年間通じて約15度で、夏は涼しく冬は暖かく感じる。全長約600メートルの洞内では、天井から垂れ下がる鍾乳石が神秘的な世界を演出。観光客たちは涼しげに歩を進め、約8000万年の年月をかけてつくられた大自然の造形美を心ゆくまで満喫している。

 14日まで洞内入り口付近で、夏まつりが開かれている。大道芸パフォーマンスや、動物ふれあいコーナーを設けている。産品販売や制作体験などの各種ブース出店の時間は各日午前10時~午後4時30分。