聖光学院「初戦惜敗」...長崎・海星に2-3 夏の甲子園2回戦

 
【海星―聖光学院】先発し、力投する聖光学院のエース須藤=甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第7日は12日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた。本県代表で13年連続16度目の出場となった聖光学院は初戦の2回戦第2試合で、5年ぶり18度目出場の海星(長崎)と対戦し、2―3で惜敗した。

 聖光学院は、4回に連打から先制点を許す。1点を追う5回には走者を三塁まで進めたが、あと1本がでなかった。6回に本塁打で追加点を許すと7回、荒牧樹(みき)が中央への本塁打で1点差とした。

 9回には失策などからピンチをつくり、相手の犠飛でさらに1点を失った。2点を追いかけるその裏、荒牧が2打席連続となる中央への本塁打で再び1点差に迫ったが、反撃はそこまでだった。

 聖光学院は昨夏の甲子園初戦で報徳学園(東兵庫)に2―3で敗退しており、2年連続の初戦敗退となった。夏の甲子園ではこれまで8強に4度進出している。

 【8月12日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会