台所にクマ...「びっくりした」 窓網戸壊し侵入、米ぬか荒らす

 
壊された台所の網戸=14日、猪苗代町

 14日午前7時15分ごろ、猪苗代町の男性(59)から「自宅の台所にクマが侵入していた」と猪苗代署に通報があった。台所の窓と玄関の網戸2枚が壊され、台所にあった米ぬかが荒らされていた。けが人はいなかった。

 同署などによると、男性は午前2時30分ごろ、就寝中に自宅2階で物音を聞き、1階に降りてみると、台所の網戸が壊され、中にあった木製のワゴンが倒されていたという。同3時20分ごろにも再度物音がしたため、男性が1階に降りると、台所の窓から侵入している体長約1メートルのクマを目撃した。男性が懐中電灯を照らすと、クマはすぐに逃げ出したという。ビニール袋に入れて窓際に置いてあった米ぬかが荒らされていた。

 男性は「びっくりした。山道や道路で見たことはあるが、まさか家の中でクマを目撃することになるとは」と驚いた様子だった。

 同署が付近で住民に注意を呼び掛けたほか、猪苗代町も人的被害防止のため、現場付近の山林にクマ捕獲用のわなを設置した。

 3市でクマ目撃情報

 福島、郡山、喜多方の各市でも14日午前、クマを目撃したとの通報が警察に寄せられた。