「大輪の花」3000発、夜空に咲く 四倉鎮魂・復興花火大会

 
四倉海岸の夜を彩った花火=いわき市

 「四倉鎮魂・復興花火大会」は16日、福島県いわき市の四倉海岸で開かれ、約3000発の花火が夜空に咲き誇った。

 東日本大震災による犠牲者への追悼と、同市に避難してきた住民らとの交流を目的に毎年開催している。会場には約400個の竹灯籠がともされ、温かな雰囲気の中で開幕。次々に色鮮やかな花火が打ち上げられ、来場者が大輪の花を目に焼き付けていた。

 花火に先立ち行われたアトラクションでは、富岡町の小浜風童太鼓による迫力ある太鼓演奏や東日本国際大付属昌平高の生徒のフラダンスなどが披露され、会場を盛り上げた。