ラグビーW杯を盛り上げ Jヴィレッジで「ウォールギャラリー」

 
Jヴィレッジで始まったウォールギャラリー

 ラグビーワールドカップ(W杯)オフィシャルスポンサーのキヤノンはJヴィレッジ(広野、楢葉町)で、前回大会の様子を写した写真を展示する「ウォールギャラリー」を開催している。

 キヤノンはW杯開催都市や公認チームキャンプ地と連携し大会を盛り上げようと、同イベントを開催。本県ではアルゼンチン代表チームが公認キャンプを実施する予定。センターハウス正面玄関には幅8・4メートル、高さ4メートルのアルゼンチン、日本、サモア代表チームの写真を掲示。通路には前回大会準々決勝アルゼンチン―アイルランド戦の様子を撮影した幅5・5メートル、高さ2・8メートルの写真を設置した。展示期間はW杯終了まで。