地元灯台を無線でPR いわき・塩屋埼、12月に点灯120周年

 
アマチュア無線で塩屋埼灯台点灯120周年をPRしたイベント

 いわき市のアマチュア無線愛好家らでつくる「いわきオーロラグループ」は17日、同市の塩屋埼灯台付近で同灯台点灯120周年をPRする無線通信を行った。メンバーらが、遠方の交信者に同灯台について伝えた。

 同灯台は12月15日に点灯開始から120周年を迎える。8月の第3週末に、世界中の灯台などの周辺にアマチュア無線局を開設し、お互いの灯台の歴史や魅力の情報を交換するイベントが行われていることに合わせて実施。メンバー約20人が参加した。メンバーらは、交信者とコールサインなどを交換し、親交を深めた。同団体は同灯台の写真や歴史などの盛り込まれた記念カードを作製。日本アマチュア無線連盟を通じて、交信相手に交信証としてカードが贈られるという。