新たな花の名所に...「月見草」見ごろ 喜多方・月見橋周辺

 
見ごろを迎えた月見草

 喜多方市の田付川に架かる月見橋周辺で、地元住民が栽培している月見草が見ごろを迎えている。

 同市緑町の荒井尚之さん(72)によると、同橋周辺は昔から月見草の群生地だったが5年ほど前に刈り取られなくなっていた。

 同市緑町、月見町、幸町の住民有志約20人が、同橋の堤防や田付川の中州に月見草を植えて育ててきたという。

 5年目の今年は約30本が開花。夜から早朝にかけて花を咲かせ、市民の目を楽しませている。荒井さんは「花のまち喜多方の新たな花の名所にしたい」と栽培を続ける。