人財育成塾を事業化 いわきで振興会議、若手経営者の資質向上へ

 
人財育成塾の実施などを話し合う委員ら

 いわき市中小企業・小規模企業振興会議は20日、同市平のラトブ内いわき産業創造館で開かれ、来年度から後継者や若手経営者を育てる「人財育成塾」を事業化して実施する方針を決めた。

 これまでは市やいわき商工会議所などが、個別にセミナーなどを開いていた。塾では、同振興会議に所属する関係機関が一丸となり同市の課題である後継者問題の解決や、若手経営者の資質向上などを目指す。

 塾では、ものづくり企業を中心とした若手経営者を対象に行い、経営に関する基礎知識や課題解決能力の向上、経営者同士の交流促進などを図る。

 塾頭や詳細なカリキュラムなどは今後の会議で決める。

 同振興会議は市、いわき商工会議所、県中小企業家同友会いわき地区、金融機関などで構成され、今回は委員ら約20人が出席した。

 会議ではこのほか、同市の経済・景気調査の動向を確認し、個人消費が落ち込むなど後退局面にある同市の景気状況を回復するために意見を交わした。