湊産ブルーベリー、トマト使用のコラボ商品 若松・コパンで販売

 
新商品のブルーベリーヨーグルトスムージー(左)とトマトバーガー

 社会福祉法人心愛会のベーカリー&カフェ「コパン」=会津若松市一箕町=は9月末まで、同市湊町産のブルーベリーと、りんかトマトを使った新商品「ブルーベリーヨーグルトスムージー」と「トマトバーガー」を販売している。

 新商品の販売は、住民主体の地域づくりに取り組む湊町の団体「みんなと湊まちづくりネットワーク」とコパンのコラボ企画。

 スムージーは、会津中央乳業(会津坂下町)の商品「会津の雪・ソフトクリーミイヨーグルト」と、程よい酸味のあるブルーベリーを組み合わせた。トマトバーガーは、トマト風味のパン生地に厚切りトマトと、手作りのミートソースを挟み、食べ応えのある一品に仕上げた。

 同ネットワーク事務局長の鈴木隆良さんは「食材の魅力を発信し、地域のイメージアップにつなげたい」と話している。新商品は、いずれも480円(税込み)。