夜空に咲いた「1万発」 須賀川市釈迦堂川花火大会、観客を魅了

 
夜空を彩る花火が見物客を魅了した須賀川市釈迦堂川花火大会=24日午後8時

 福島県須賀川市の夏の風物詩「第41回須賀川市釈迦堂川花火大会」は24日、市民スポーツ広場を打ち上げ会場に開かれた。約1万発の花火が夜空に咲き競い、大勢の観客を魅了した。市などでつくる実行委の主催。

 市内の中学生の合唱を収録した音楽と花火の共演「令和記念」スターマインをはじめ、最新ヒット曲に乗せて打ち上げる音楽創作花火、県内外の花火師による尺玉の競演などのプログラムを、4章構成、約90分間にわたり繰り広げた。

 須賀川の夜空を彩る大輪の花々に、詰め掛けた観客からは大きな歓声が上がっていた。