『魅惑のつけ麺』限定コラボ!ラーメン店へうげもの×松永牛乳

 
松永牛乳を手に笑顔の門馬さん(左)と井上さん。テーブルには限定メニューのつけ麺「すごい松永牛乳とエビ」が並ぶ

 南相馬市のラーメン店「へうげもの」が、地元・松永牛乳の牛乳を使ったつけ麺「すごい松永牛乳とエビ」を限定販売している。新進気鋭のラーメン店と、地元老舗乳業会社の異色コラボレーションで、濃厚なエビスープを牛乳がクリーミーに仕上げている。

 同店の常連客でもある松永牛乳社長の井上禄也さん(46)が、かつて地元の食堂で提供されていた牛乳みそラーメンを提案したことから開発が始まった。オーナーの門馬由樹さん(37)は試行錯誤したが、「普通のみそラーメンになってしまった」と振り返る。

 一方で「普通の牛乳に比べて、松永牛乳は甘い。これがエビのスープに合った」ことから、松永牛乳とエビを使ったラーメン作りに取り組んできた。ローストしたエビを香味野菜と煮て、ミキサーにかけて裏ごし。調理には約10時間もかかることから、同店では月に2回から3回ほどしか提供できない限定メニューだという。

 今月23日には井上さんも初めて限定つけ麺を食べた。つけ麺のほかに、ビスクとして楽しめるようにパンも提供。井上さんは「すごくおいしかった」と感想を述べた上で「松永牛乳というのは一つのブランドだと思う。それで遊んでもらえるのは生産者としてはうれしい」と話す。

 門馬さんは「地元食材を使ったメニューを出してみたかった。松永牛乳は可能性がある。もっとおいしいものを出せるようにしたい」と探求を続けたいという。

 限定メニューの提供日は決まっていないが、29日には夜限定で提供する。価格900円(税込み)。