自転車「飲酒運転」...軽自動車と衝突事故 福島市職員停職処分

 

 福島市は27日、水道局の40代の一般職員男性が飲酒して自転車を運転し、軽自動車との衝突事故を起こしたと発表した。市は同日付でこの男性を停職1カ月の懲戒処分とした。

 また、上司の水道局長、同局次長、水道総務課長の3人を文書による厳重注意とした。

 市によると、男性は21日午後6時15分ごろから、市内の飲食店で開かれた同僚との酒席に参加し、計3軒で飲酒。22日午前1時ごろ、傘を差しながら自転車を運転して帰宅途中、同市の交差点で赤点滅信号を一時停止せずに進み、軽自動車と衝突した。駆け付けた福島署員による呼気検査で基準値を超える呼気1リットル当たり0.55ミリグラムのアルコールが検出され、酒気帯び運転が発覚したという。事故のけが人はなかった。

 同市は27日、市役所で会見を開き謝罪した。