科学の甲子園ジュニア代表決まる 福島大付中と若松ザベリオ中

 

 第7回科学の甲子園ジュニア全国大会の福島県代表に福島大付中(福島市)と会津若松ザベリオ学園中(会津若松市)の2チームが決まった。

 大会は12月6~8日に茨城県つくば市のつくば国際会議場で開かれ、中学生チームが理科や数学などの問題を協力して解く。

 県教委が28日発表した。県大会は6日に福島市で開かれ、39チームが3人一組で難問に挑戦。福島大付中1年の大山峻さん、早川玲於奈さん、渡辺健一さんと会津若松ザベリオ学園中2年の佐藤賢之介さん、橋谷田元気さん、佐藤広和さんの両チームが優秀な成績を残して本県代表となった。

 県教委は10月中旬から、福島大付中といわき秀英中の補欠2チームを含む計12人を対象に、全国大会に向けた実技研修会を開く。

 補欠チーム=福島大付中2年(沢田佳凛、渡部ひな子、橋本花帆)いわき秀英中2年(長森正純、赤津拓哉、島田英知)