「秋・冬観光キャンペーン」特別50企画!JR東は地酒号運行へ

 

 10月開始の「『福が満開、福のしま』。ふくしま秋・冬観光キャンペーン」では県とJR東日本などが連携し、各地の観光素材や風土を生かした特別企画で本県の豊富な魅力をPRする。

 通常は公開していない夜の白水阿弥陀堂(いわき市)でライトアップされた庭園やお堂を眺められる夜間拝観や、各地のイルミネーションなどがある。

 JR東はキャンペーンのオープニング列車として「ふくしま地酒満喫号」を福島―新白河間で運行する。福島、郡山、会津若松、新白河、湯本の5駅で式典も計画している。