丹精込めたリンゴ「つがる」選果 JA夢みなみで作業始まる

 
選果作業を開始したJA夢みなみ

 JA夢みなみは、すかがわ地区といしかわ地区でリンゴ「つがる」の選果作業を開始した。

 このうち、いしかわ地区では29日に石川町の果実共同選果場で稼働式が行われ、岡部喜市郎専務、郷隆あぶくま石川果樹生産部会長が「12月上旬までの長丁場になる。生産者が丹精込めて作ったリンゴを丁寧に扱いながら、作業に当たってほしい」などと述べた。

 同JAによると天候不順はあったものの糖度など生育状況は平年並みという。9月下旬から「ジョナゴールド」、10月下旬から「ふじ」の選果作業も始まる。