『829円』メニューうまい! 会津若松・6店舗で『馬肉』の日

 
馬肉を味わう女性客

 良質な「会津ブランド馬肉」のPRを目指して設立された「さくらの会」による初の「829(馬肉の日)キャンペーン」は29日、会津若松市の加盟6店舗で実施された。

 同会は国産馬肉日本一の産地を目指して今年5月に発足し、現在は馬肉を提供する同市の13店舗が加盟している。

 同キャンペーンは会津の馬肉のイメージを定着させる第一歩で、それぞれの店舗がランチやディナーで馬刺し3種盛りや馬刺しロースの定食を、馬肉にちなんだ829円(税別)で提供した。

 同市の居酒屋「舞酒」では、通常は予約がある場合のみ提供している「馬ヒレ刺し(1500円相当)」を用意。友人と同店を訪れていた東京都の会社員石川智子さん(40)は「赤身も食べたことがあるが、ヒレも肉厚で食べ応えがあっておいしい」と会津の馬肉のおいしさに満足している様子だった。